top›教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる

教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる

<広告>

<広告>

一言に教育業界といっても、様々な企業や職種があります。 業種を大きく分けると、「公教育」と「民間教育」の2つに分類できます。 それぞれの特徴についてみてみましょう。

≪公教育≫
公教育とは公の教育という意味があり、国、地方自治体、または学校法人で運営されている学校のことです。 つまり、私たちが通っていた幼稚園から大学まで、国立、公立、私学を含めた学校教育のことです。

公教育の場は非常に安定しているため、教職を取りたいと思っている人はほとんどが公教育の現場を選ぶでしょう。 最も安定している職場で、リストラなどの心配などもありません。

しかし、モンスターペアレント対応、給食費問題、休日出勤やサービス残業など、様々な問題を抱えています。 教職を取るなら各種教員免許を取得し、教育委員会に登録するか人づてで就職先を紹介してもらう方法があります。

≪民間教育≫
中学・高校が公教育なら、塾や予備校は民間教育です。 民間教育の仕事を探すには、一般の求人誌や求人情報サイトなどが一般的です。 塾や予備校の講師には学校の教職のような免許は必須ではありません。

ただし、採用条件として学歴や経歴が重要視されます。 予備校によっては卒業した大学の偏差値などが影響することもあります。 特に学力は大切なポイントなので、採用の前にテストを受けることもあります。

教える仕事だけではなく事務職や営業職もありますが、その場合はそれほど学歴を問われることはありません。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>