top›英会話・語学学校に就職するためには?

英会話・語学学校に就職するためには?

<広告>

<広告>

英会話スクールや語学学校の講師に就職するためには、学歴よりも英語力に重きが置かれている場合が多いです。 受け付けやカウンセリングなどのスタッフ業に関しては、特別な資格や学歴は必要とされないという学校もあります。

英語講師になりたい場合、各学校によって採用基準は異なります。 学歴を問わないところや、未経験者でも採用可能なところも数多くあります。 未経験者の場合、研修期間を経て本採用となるところもあります。

学歴を問う場合、英語系の短大卒業あるいは4年制大学卒業を条件としている場合もあり、語学系の大学進学を目的とした生徒獲得を視野に入れているような語学学校では高い英語力を採用条件としています。

それぞれの英会話スクールや語学学校によって必要とされる英語スキルのレベルは異なります。

例えば小学生を対象とした英会話スクールであれば、英検2級程度の英語力あるいはネイティブと英語で日常会話ができる程度の英語力を条件としています。

英検を所得していなくても、TOIECの点数によって採用条件を満たす場合もあります。

中高生や一般が対象の英会話スクールであれば、TOIECの点数750点以上あるいは800点以上を採用対象としている場合が多いですが、英検でいえば準1級程度の英語力に相当します。

また、大手の語学学校などは採用基準が高く、学歴に加えてTOIECの点数も重視されます。

日常会話の上達やビジネス英語の習得を目的とした英会話スクールや語学学校などは、留学経験があるかどうかも採用の際の考慮点となります。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>