top›学習塾・予備校に就職するためには?

学習塾・予備校に就職するためには?

<広告>

<広告>

学習塾や予備校の講師になるためには、特別な資格などは必要ありませんが、それぞれの予備校や塾によってある一定の学歴が求められる場合があります。

あるいは予備校の採用試験として学力を診断し、基準点以上の取得によって合格・採用へと繋がる場合もあります。 大手の予備校や、難関大学への入学を目指している生徒を指導する予備校では高い学歴が要求されます。

例えば、東京大学への入学を目指している生徒をメインにしている予備校では、採用条件として東京大学卒業者のみ、という条件がつくことも多々あります。

あるいは、採用条件に載せられていなくても独自に超難関大学卒業者という条件を付けている予備校も少なくありません。 学歴以外にも、塾講師や予備校講師としての経歴年数や実績を考慮する場合も多いです。

予備校の講師は、生徒がより深く理解できるように授業をするよう心がけ、生徒の学力アップに繋がる教え方をしていく必要があります。

また、生徒との信頼関係を築くことも大切です。 そのようにして、人気のある講師となることによって、大手の予備校の講師への就職という道が開ける場合もあります。

中規模・小規模の予備校や学習塾では、大学卒以上の学歴を不問にしている場合も少なくありません。

ただ、その場合でも学生時代に塾の講師のアルバイトをしていたり、家庭教師のアルバイトをしていたりなどの経歴を持っているなら、就職に有利に働くでしょう。

中小の予備校で実績を積んだ後、大手の予備校に転職することもできます。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>