top›学習塾・予備校の就職状況

学習塾・予備校の就職状況

<広告>

<広告>

予備校というのは、学校の入学試験への対応、あるいは資格試験への対応を行っている学校のことであり、高校生や浪人生が大学入試試験のために入校する大学受験予備校を指す場合が一般的です。

対して学習塾というのは、学校の授業の補助を行い、学力強化や試験対策をするための施設です。 予備校と学習塾が混合している場合もあります。

予備校や学習塾の講師は、担当する教科の学力を上げることを主な仕事としているため、人を教えることが好きな人や学習に対して熱意がある人などに適しています。

また、中学校・高校教師のように担任やクラブ活動などの学習以外の活動に関わらなくても良いというメリットもあり、人気のある職種と言えます。

現在、予備校や学習塾に就職したい場合、競争率が高いことが予想されます。 競争率が高い理由として、少子化が進み、子供の絶対数が少なくなっていることが挙げられます。

大学受験のために予備校に入校する学生の割合は増えていますので、予備校や学習塾の間で生徒数の確保のための競争もされています。

多くの予備校が、時給制の支払いをしているため、いくつかの塾や予備校を掛け持ちしている人も少なくありません。 予備校の講師は、分かりやすい授業内容をしてくれる講師や学力アップに繋がる授業内容の講師などに人気が集まります。

また、人気のある予備校講師は、その分収入の増加にも繋がります。 塾の講師の場合、年齢が関係ない場合が多く、転職後に塾講師になる人も少なくありません。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>