top›若者の離職率が高い教育業界

若者の離職率が高い教育業界

<広告>

<広告>

不況に強いといられる教育業界ですが、報道によると入社3年以内に退職する人の割合が最も多いという残念なデータがあります。

せっかく就職した会社を、いったいどうして早い時期に辞めてしまうのでしょうか?

これから教育業界に就職しようと思う人にとっては残念なことではありますが、まず離職率が高い理由について探ってみましょう。

≪賃金問題≫
厚生省の調べによると、「教育・学習支援業」の若年層年数は284万円です。(平成23年)

これは離職率の低い鉱業などに比べると、44万円も下回っています。 同じく離職率の高い宿泊業界ではさらに低賃金が目立ちます。 やりがいがある業界とはいえ、収入が伴っていないことには仕事は続けづらいのは事実です。

≪時間外労働が多い?≫
賃金が低いという理由を上げましたが、時間外労働が多いことも影響しているようです。

例えば学校だと部活の引率、学校行事、検定、テストの採点など、あらゆることで時間外労働が発生します。 塾であってもテスト対策検定対策で残業などがあります。

また、このような作業は若い人に集中してくるという実態もあります。

≪教育業界は広い≫
データで見る限り離職率が高くなる理由が分かってきましたが、これはあくまでもデータ上ということを踏まえておきましょう。

教育業界は広いですし、中には高収入を得る企業や職種も存在します。 個人の心の持ち方によっても異なり、今の仕事に満足して時間外労働でもやりがいを持って続けている人もいます。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>