top›高校教師の就職状況

高校教師の就職状況

<広告>

<広告>

高校の教師は各専門の教科ごとに指導を行い、授業内容は高度で分かりやすい授業を求められます。 高校教師の就職状況は10年前と比べ受験希望者数が年々減少傾向にあります。

逆に採用者数は年々上昇していますので、その結果10年前の採用倍率が14倍前後であったのに対し、平成24年度は7.3倍に減少しています。 今後も競争率は低下する傾向にあると見られています。

高校教師は各教科によって採用倍率が異なり、受験者が多い教科は採用状況が厳しくなる傾向にあります。

ほとんどの自治体で日本史・世界史などの教科目は受験者が多く、競争率が高いです。 また、音楽や美術、生物などの教科も受験者が多い傾向にあります。

高校教師の場合、受験者・採用者ともに男女比率は男性の方がはるかに高く、全体の6割を占めます。

また、採用試験に関しては新卒者よりも既卒者の受験者数が多く、既卒者が全体の7割を占めます。 そのため、採用率もわずかに既卒者の方が高い傾向にあります。

臨時教員として登録されていても、なかなか本採用とならない状況も多いですので、試験の重ならない日程で、他の地方自治体の教員試験を受験する人も多いです。

一時期、団塊世代の退職者によって教員の空きが出る傾向にありましたが、基本的には離職率の低い職種ですので、定年待ちの状態とも言えます。

私立高校は、各学校によって採用条件や応募時期が異なりますので、各学校のホームページなどで求人情報を調べる必要があります。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>