top›SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事

SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事

<広告>

<広告>

教育業界の仕事は本当に多岐にわたっていますが、その一つがスーパーバイザーとなります。 スーパーバイザーはSVと略されることもあります。

塾や予備校の知識として覚えておきたいのは、ほとんどの塾や予備校があらゆる地域に展開しているということです。 そのため一部ではフランチャイズ制度となっているところもあり、SVはこういった場面で活躍します。

SVは担当教室を受け持ち、そこのオーナーからの意見を聞いてより成果が上がるように提案し、実行に移していきます。 いわば管理職であり、同時に何教室も見て回り、監督します。

本部の方針も理解している必要があり、それをしっかり伝え、講義の質の高さを保持したり、教室長や講師を指導したり監督したりします。

そして何よりその地域が出す成果への責任を問われます。 ですからSVに必要とされるのはその担当の情勢の把握、そして本部に伝え、地域にあったプログラムを組んだり、教材の作成を進めていくことです。

コミュニケーション能力はもちろん、マーケティングや計画して実行する力も求められます。 SVになるのは教室長経験者や、高い成果を上げたことがある人ということになります。

つまり、教育業界でSVになるためには、直接求人を探すのではなく、まずは講師などの求人を探して応募し、成果を残していくこととなります。

SVとしての求人は余りありません。あるときはありますが、経験者のみの応募となりますので未経験者の方はやはり講師から始めるべきでしょう。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>