top›教育業界は不況に強い!

教育業界は不況に強い!

<広告>

<広告>

2007年のサブプライム問題、2008年のリーマンショックと続き、日本はずっと不況が続いていますよね。 その不況のあおりを受けほとんどの産業では業績を減少させ、新卒採用も減少、就職もかなり厳しいものになっています。

就職活動で挫折してしまい、四年制大学を出てもアルバイト生活から抜け出せない人も多いですね。 教育業界も厳しい局面にあると思われがちですが、意外なことに業界全体は比較的安定しています。 いったいなぜ教育業界は不況に強いのでしょうか?

景気が悪くなると収入が減り、家庭では出費を減らそうと努力します。 このとき、真っ先にカットされるのが娯楽費で、さらに外食費なども節約されます。

ところが子供の教育費だけは収入が減っても、なかなか減らすことはありません。 少子化の社会ではありますが教育に力を入れる親が多く、学習塾に通わることも多いです。

さらに、このような不況の世の中だからこそ手に職を付けて安定した生活をしたいと望み、大人でも資格取得に励む人が増えます。 これらの理由から、教育業界は不況に強いことが分かるでしょう。

ただし、すべての企業が安泰というわけではなく、異業種参入による競争悪化、業界内でのM&Aが進むことにより、淘汰されていく企業もあります。

生き残る企業は時代の変化に沿って新しいコンテンツを開発・導入・提供するなど、様々な工夫をしています。 電子書籍、タブレット端末などが良い例です。

不況に強い企業を選ぶのも、賢い就職活動のポイントでしょう。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>