top›学校と塾の違いは?

学校と塾の違いは?

<広告>

<広告>

教育業界は小中高と通う子供の年代で分けるだけではなく、公的教育機関と民間、つまり学校と塾という分け方ができます。

そもそも公教育である学校と民間教育の塾にはどんな違いがあるのか、改めて考えてみましょう。

≪塾はサービス業?≫
学校はすべての子供にまんべんなく教育を受けさせるのが目的で、学問だけではなく総合学習にも力を入れます。 授業が終わったら部活動、季節ごとには運動会や遠足などの行事がありますね。

塾の場合は教育というサービスを提供し、そのことによって利益を得て経営を成り立たせなければなりません。

ですから顧客の満足度をアップさせるために様々な工夫をし、企業努力をします。 サービスが良く無ければ他の塾に移動しますし、顧客の満足度を得られない塾は利益を得られないので、経営難に陥ります。

塾が提供するサービスは学校の成績を上げるための教育で、それぞれの塾によって様々なレベルのカリキュラムがあります。 学校の場合、国によって定められた学習指導要領に沿って、一斉に教育をします。

≪給与面でも差がある≫
塾は民間企業なので、企業によって非常に給与にバラツキがあります。 資格が無くても講師になれるので、大学生でもアルバイトで勤務することもあります。

学校の場合でも自治体によって給与のバラツキがありますが、塾ほどではありません。 場合によっては高収入が得られるチャンスがあるのが塾ですが、給与面で安定しているのは学校の方でしょう。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>