top›教育業界の平均年収はどのくらい?

教育業界の平均年収はどのくらい?

<広告>

<広告>

就職をする一番の目的といえば、収入を得たいからではないでしょうか?

生活するにはお金はつきものなので、理想ばかりは言ってられませんよね。

ですから就職をするには給与面をしっかりとチェックするのが大事な条件なのですが、教育業界の平均年収はいったいどのくらいなのでしょうか?

まず、教育業界といっても職種も色々です。 国税庁の調査で見てみると、平成23年度のデータでは481万円です。 全体の平均が409万円ですので、平均以上といえますね。

ただし、国税庁の調べでは教育・学習支援業にがいにも学術研究・専門・技術サービス業が一緒になったデータになっています。

職種別だとどうでしょうか?
・塾、予備校講師:約369万円
・各種学校、専修学校教員:約513万円
・高等学校教員:約690万円

やはり公的機関だと安定しており、平均年収も高くなります。 予備校講師は年収が低く感じますが、大学生のアルバイトも多いです。

大手予備校の人気講師になると、教育業界全体の平均をはるかに超えるような高収入を得ることも可能です。 企業別にみると、上位の業績を納める大手企業であれば、1,000万円を超えるような企業もあります。

やはり不況の世の中において業績を伸ばしているのは、通信教育系の企業が多いようです。 民間の教育業界だけに絞るとあまり高いとはいえませんが、業績の良い企業へ入社できれば収入アップも夢ではないでしょう。

安定性を求めるなら公教育、高収入を得たいなら民間教育でトップ企業を目指すのがいいですね。

<広告>

教育就職コラム
教育業界に就職したい! 教育業界は不況に強い! 若者の離職率が高い教育業界 ブラック企業に就職しないために
教育業界は大きく分けて「公教育」と「民間教育」の2つに分けられる 学習塾・予備校業界は少子化でも最高益 就職活動の基本的な流れ 教育業界は自己PRでどうやって自己表現したら良いの?
教育業界の志望動機はどんなことを書けばいい? 教育業界の平均年収はどのくらい? 教育はサービス業か? ゆとり教育とは?
ゆとり教育の悪影響で学習塾のニーズが高まってきている 学校と塾の違いは? スマホが開く新しい教育サービス市場 eラーニングはタブレットで講義を受講できる
講師 教育業界の仕事 広報 教育業界の仕事 営業 教育業界の仕事 一般職員 教育業界の仕事
SV(スーパーバイザー) 教育業界の仕事 2兆円を超す教育業界の市場 教育業界に求められる人物像 小学校教諭の就職状況
小学校教諭になるためには? 中学校教師の就職状況 中学校教師になるためには? 高校教師の就職状況
高校教師になるためには? 学習塾・予備校の就職状況 学習塾・予備校に就職するためには? 英会話・語学学校の就職状況
英会話・語学学校に就職するためには? 資格取得学校の就職状況 資格取得学校に就職するためには? カルチャーセンターの就職状況
カルチャーセンターに就職するには? 幼児教育会社の就職状況 幼児教育会社に就職するためには? 教育業界の将来は?

<広告>

<広告>